2012年 9月 の記事

ある「心理学の仕事」がアメリカで収入ランキングトップ10に

先日、米ニュース専門放送局CNBCが、米国における高額収入の職業のリストを発表した。医者や歯医者、また社長がそれぞれ上位を占めていることには驚かないだろうが、そこに産業・組織心理学者(Industrial-Organizational Psychologist)が、薬剤師、旅客機のパイロット、そして財務管理者などを抑え、第10位にランクインしていたのだ。一般的にあまりお金にならないとされている心理学専攻の常識から考えると驚きの結果であろう。今まさに学んでいる分野でもあるのだが、ランキングに含まれているのは実践家として活躍する人たちのみであり、アカデミアに残ろうと考えている私にとっては、残念ながらあまり縁のない話となってしまう・・・。が、気を取り直して、「心理学の仕事」の一つを簡単に紹介したいと思う。 続きを読む