タグ : 仕事

ある「心理学の仕事」がアメリカで収入ランキングトップ10に

先日、米ニュース専門放送局CNBCが、米国における高額収入の職業のリストを発表した。医者や歯医者、また社長がそれぞれ上位を占めていることには驚かないだろうが、そこに産業・組織心理学者(Industrial-Organizational Psychologist)が、薬剤師、旅客機のパイロット、そして財務管理者などを抑え、第10位にランクインしていたのだ。一般的にあまりお金にならないとされている心理学専攻の常識から考えると驚きの結果であろう。今まさに学んでいる分野でもあるのだが、ランキングに含まれているのは実践家として活躍する人たちのみであり、アカデミアに残ろうと考えている私にとっては、残念ながらあまり縁のない話となってしまう・・・。が、気を取り直して、「心理学の仕事」の一つを簡単に紹介したいと思う。 続きを読む

採用担当者はあなたのFacebookを見ている?

様々なソーシャルネットワークサイト(SNS)が普及する中、近年、企業の採用担当者が求職者の情報を調べるために、それらのサイトを活用することが多くなってきている(参照ニュース)。2009年に行われた、CareerBuilder.comというアメリカの就職関連サイトの調べによると、45%の採用担当者が、求職者のことを知るためにSNSを利用しているという。また、同じ調べでさらに分かったのが、35%の企業が、SNS上で見つかった好ましくない写真や発言などの情報により、採用を取りやめたことがあるそうだ。ただ、悪い点ばかりではなく、LinkedInなどのプロフェッショナル向けのサイトの情報が、採用者にとって求職者の評価を強める材料になったという報告もある。 続きを読む

ワークパラドックス:労働者におけるフロー体験の研究から分かったこと

過去のエントリーでも紹介したが、フロー理論の中では、フローを体験するためには、個人のスキルレベルに合ったチャレンジレベルが必要となる。それでは、仕事の場面において、フロー体験に必要なスキルレベル・チャレンジレベルがそろっていれば、必ずフロー体験そのものにつながるのだろうか?ひょっとするとそうではないのかも知れない、というのが今回の話である。

1989年、『Journal of Personality and Social Psychology』の中で紹介されたCsikzentmihalyi博士、LeFevre博士両者の研究は、78人の労働者を対象にExperience Sampling Method (ESM:経験サンリング法)という方法を使って1週間参加者を追い、彼らの仕事中やレジャー中の心理的経験(フロー、不安、退屈など)について調べたものだ。 続きを読む