タグ : 統計学

授業への熱中も受ける側次第:フロー理論の応用編

冬休みもついに終わり、いよいよ本日より新学期スタート。早速午前中は統計学(回帰分析)の授業に、午後も統計学(因子分析)の授業に参加。どちらもデール・バーガー教授というおいしそうな名前の先生が教えている。その授業も名前に劣らずなかなかおいしい(ただ綴りはハンバーガーのバーガーではないので注意)。ミネソタで修士号に取り組んでいる間にも一通り学んだ教科ではあったが、バーガー先生はなかなか細かいところまで踏み込んでくれるので非常に勉強になる。先学期も彼の授業を取っていたが、昔習ったことがあるから、との理由で軽んじた態度をとっている学生がいたことを残念に思った。私は、そのような態度を取ってはいなかったものの、その当時は、「あぁ、また繰り返すのか」と少々の落胆を覚えていたのは確かだ。

そんな時、ポジティブ心理学授業でフロー体験に関する課題が出た。 続きを読む

広告
広告